2020年 11月16日
ブログ > 不具合修正

万が一発生時の住宅ローン契約の動作を変更しました。

必要保障分析での注意事項

・物件の開始期間以前に亡くなった場合、住む家がなくなる問題があります。
・必要保障額分析では、毎年亡くなったと仮定するため物件開始以前に亡くなった場合、家に関する支出が減るため必要保障額が少なくなる問題があります。そのため、シミュレーションの開始から物件開始期間の間は、物件の購入に必要な保障をご検討ください。

不具合および修正

・物件に紐付いたローンが物件開始以前の場合に、物件開始以前のローン支払いが発生しない不具合がありました。(ローン残高のみ減少していました。)
 (土地分のローンのみタイミングをずらした場合など)
→ 物件開始以前でもローンの支払いが発生するように変更しました。

・物件に紐付いたローンを物件所有者以外の方の名義で設定しており、且つ所有者が物件開始以前に亡くなった場合に、物件は取得しない動作になっていますが、所有者以外のローンが実行される不具合がありました。
→ 万が一の状態で、物件を取得できなくなった場合、亡くなった日以降の物件に紐づくすべてのローンを実行しないように変更いたしました。



FP−UNIVのご利用開始はこちらから(無料)