あたらしい必要保障額分析「遺族のお金」をリリースしました。

 本当の必要保障額とは?

 世帯主が今亡くなった場合、遺族が老後まで安心して暮らせる準備金はいくら必要なのでしょうか?来年亡くなったとしたら?20年後に亡くなったとしたら?亡くなる時期によって、その時点の貯蓄額や遺族年金額などに変化があります。当然支出の累計額も変わってきます。住宅ローンを組んでいる場合には、返済状況や団信への加入状況も影響してきます。

 生涯にわたって貯蓄がマイナスにならない。

 FP-UNIVでは生涯にわたって貯蓄がマイナスにならない事を目指しました。想定寿命まで生き続けた場合も、今亡くなった場合も、20年後に亡くなった場合も。全てがクリアになる事を経済的な安心として考えました。

 従来の必要保障額とは。

 従来のシミュレーションソフトは、収入と支出の積み上げから差額を出す「積み上げ方式」が主流でした。亡くなるタイミングは現在の一回限りです。これは保険商品の保障グラフと必要資金グラフ(積み上げ方式)をなんとなく照らし合わせる為です。しかしながら、実際に必要となる資金は積み上げた金額ではなく、ライフプランの中で貯蓄赤字が発生する不足金なのです。さらには、いつ亡くなるかわからない「万が一」だからこそ、毎年亡くなったとして仮定した必要保障額を出す必要があるのです。

 FP-UNIV方式の新しい必要保障額分析「遺族のお金」とは。

 FP-UNIVでは毎年亡くなる事を想定して必要保障額を算出します。FP-UNIVの正確なシミュレーションを必要回数実行することで、本来の必要保障額を出すことに成功しました。これにより死亡保険金を給付した場合、将来のどの時点での貯蓄赤字リスクに対して備えているのかが明確にわかります。お金の不安を少しでも軽くし、前向きな人生を送る手助けになればと考えています。

 FP-UNIVが考える ”理想の必要保障額”が新しい必要保障額分析です。プロプラン以上からご利用いただけます。


シミュレーション結果が出るまで1分程度お時間がかかります。あらかじめご注意ください

 ※旧バージョンの必要資金分析は廃止いたしました。

さらに詳しい違いについてはこちらをご覧ください。
最大貯蓄赤字から見る必要保障額とは?

 
必要保障額分析マニュアル



FP−UNIVのご利用開始はこちらから(無料)