2022年 06月01日
ブログ > アップデート

新NISA、つみたてNISAのシミュレーション機能をβリリースしました。

NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

しかし、たび重なる制度改正によってNISA、つみたてNISA、そして2024年から始まる新NISA。と乱立し複雑化しています。
これらの制度は、a.対象期間、b.上限金額、c.対象商品、d.期間終了後のロールオーバーの仕組みが異なっています。

FP-UNIVでは、複雑なNISA制度をシミュレーションで再現することで、制度への理解を深め、ライフプランを構成する一つの手段にしたいと考えています。

シミュレーションの結果については、あくまでも試算であり、将来の運用成績を保証するものではありません。
しかしながら、制度の仕組みをしっかりと理解することで、目標設定売却時期の計画、また実際の運用成果とシミュレーション結果を比較することで、計画の見直しに役立てていただけると幸いです。

NISAシミュレーションの特徴

FP-UNIVの証券口座に、次の3つのタイプを新設しました。

①課税口座
 既存の設定は課税口座として動作します。
②NISA・新NISA
 制度期間にあわせて、NISA→新NISA→つみたてNISA→課税口座と自動で切り替わります。
③つみたてNISA
 制度期間にあわせて、つみたてNISA→課税口座と自動で切り替わります。

これら、3つの口座種別を切り替えるだけで効果の比較ができます。

また、拠出スケジュールで設定された金額について、以下の2つが自動制御されます。
 a. 限度額を超えないよう制御
 b. 新NISAの場合、投資信託は1階、株式は2階枠を利用
 非課税枠から外れて課税口座へ移動する処理は自動。(設定としては1つの口座だが、その中にNISAと課税口座が存在する仕様)
 

証券口座は4種類に分かれる

ご注意、新NISAの2階部分は、投資信託、株式の投資が可能ですが、β版のシミュレーションでは2階部分は投資信託のみの対応となっています。
2階部分をご利用の場合は、株式として登録ください。


上記対応しました。
 
  NISA 新NISA つみたてNISA
1階 2階
制度期間 2014~2023年 2024~2028年 2018~2042年
各年の非課税限度額 120万円 20万円 102万円 40万円
各年の非課税期間 5年間 5年間 5年間 20年間
投資できる有価証券 すべて 投資信託のみ

株式
投信信託

投資信託のみ

ロールオーバー時
の元本

時価で更新 購入時価格で更新 不可 不可
非課税期間終了後
の処理
新NISAの2階へロールオーバー つみたてNISAへロールオーバー 課税口座へ移行 課税口座へ移行
2階枠を超えた分は1階枠が減らされる
新しいNISAの概要(金融庁)



FP−UNIVのご利用開始はこちらから(無料)