Q2.収入設定

収入設定では、 勤労収入・不動産収入・給付金・年金(受給中) 退職金 を入力します。

1.収入源(お勤め先)の追加

最初に、会社員・公務員・パートアルバイト・自営業・給付金・年金から選択して追加します。

不動産収入は「自営業」を指定してください。

年金はすでに受給中の方のみ指定してください。
※ 将来受給する老齢年金については「Q3.年金」にて設定します。 
※ 障害年金やシミュレーション途中で万が一があった場合の遺族年金は、自動計算されるためここで入力する必要はありません。
 

勤務先設定

会社員・公務員・パートアルバイト・自営業の場合のみ勤務先についての詳細設定が可能です。

 

所在地 お勤め先の所在地を入力します。
雇用保険 適用する場合は雇用保険料が源泉徴収されます。
ただし役員報酬の場合は自動で非適用となります。
源泉徴収

適用する場合は所得税が毎月計上されます。

適用しない場合は毎年12月に一括で計上されます。

特別徴収

適用する場合は住民税が毎月計上されます。

適用しない場合は毎年6月に一括で計上されます。

代表者 代表者を入力します。
家族の中に代表者がいる場合に入力してください。

2.期間・退職金の追加

次に追加した収入源について、期間ごとに収入の詳細を入力します。

給付金と年金以外は退職金の入力も可能です。

 

入力項目 説明 影響
収入タイプ
(社会保険タイプ)

給与収入(厚生年金)
給与収入(共済年金
給与収入(国民年金)
役員報酬(厚生年金)
役員報酬(社保対象外)
事業・不動産収入
給付金
年金
から選択します。

保険料
所得税
住民税
期間 期間を入力します。  
金額 額面での金額を入力します。 給与収入・役員報酬の場合は賞与の入力もできます。  
上昇率 上昇率を年率で入力します。減少させる場合はマイナスでの入力を行ってください。  
経費 経費の入力を月額で行います。

所得税
住民税

けんぽ継続 厚生年金のみ
退職後にけんぽ加入の継続を行うかどうかを指定します。(2年間)
 
申告タイプ 事業収入のみ  

退職金

受取日 退職金の受取日を入力します。
勤続年数 勤続年数を入力します。
金額 退職金の金額を額面で入力します。

関連情報