貯蓄残高・キャッシュフロー

1.メイングラフ

 貯蓄残高と年間収支を、年ごとに表したグラフです。
各年の収入と支出、ローン残高の推移も確認することができます。


操作

  • カーソルを当てるとその時点の年齢やイベントがツールチップに表示されます。
  • 項目ごとの凡例をクリックすると表示・非表示を切り替えることができます。
  • 何らかのイベントがある年には円形フラグが立っています。(番号は、ライフイベント表のイベント番号に一致します。)
  • 右側のチェックをれると、バランスシート、収支内訳グラフ、ライフイベント表が表示されます。


(収入関連の凡例のみ表示した場合)


2.バランスシート(「プロ」プラン以上)

メイングラフ上でカーソルを当てた年の、12月時点での資産状況を表示します。
ドラッグ&ドロップで任意の場所に移動できます。


★計上される資産  

  1. 現金
  2. 預金
  3. MRF
  4. 有価証券(株式・投資信託)
  5. 保険    ※解約返戻金で評価されます。
  6. 乗り物   ※購入時価格で評価されます。
  7. 家     ※購入時価格で評価されます。
  8. 投資用物件 ※減価償却を加味した簿価で評価されます。
★計上される負債
  1. ローン
  2. 未払金   ※現金がマイナスの時、その赤字分の金額。このとき現金は「0円」とみなされます。


3.収支内訳グラフ(「プロ」プラン以上)

 メイングラフ上でカーソルを当てた年の12月時点での収支内訳状況を表示します。
ドラッグ&ドロップで任意の場所に移動できます。
「単年」と「累積」(シミュレーション開始年からの累計)を切り替えることができます。

 

4.ライフイベント表

世帯主様の年代ごとに、ライフイベントを表示します。
()内の番号はメイングラフに表示されている番号に一致します。


「教育費詳細」をクリックすると、学年ごとの支出項目を確認できます。


 

5.状態変遷表

 人生の節目(ライフイベント発生時点)におけるご家族と資産の状況を確認できます。
初期表示では「基準年1月」「今月末時点」「シミュレーション終了年」の3時点の表示となっています。
「今月末時点」の列は任意のイベント発生年月に変更することができます。


★利用例
下図のように変更すれば、ご勇退時に貯蓄が1500万円あり、ローンが2500万円残っていることが確認できます。

6. キャッシュフローグラフの範囲指定表示と、累積収支内訳連動(「プロ」プラン以上)

キャッシュフローグラフ上で任意の期間をドラッグして選択すると、収支内訳の累積期間が連動し、簡単に過不足金を把握することができます。