貯蓄の自動計算

    FP-UNIVでは、詳細なシミュレーションを行うため月間収支を算出しています。毎月の「貯蓄額」は、次の2つを基に算出しています。

  1. 「現金」への貯蓄
  2.  各金融口座への貯蓄

1.「現金」への貯蓄

 月間収支が黒字の場合のみ、以下の流れで「現金」へ貯蓄されます。「現金」は、口座を指定していない資金のことです。不足の場合はマイナスになります。

(1)退職金、一括受取タイプの保険金、死亡退職金のいずれかが「月間収支」の「総収入」に含まれる場合、事前に設定した受取口座に貯蓄されます。これらは、下記の計算式からは除きます。

(2)「月間収支」からの貯蓄額を、下記の式(A)を用いて算出します。
(月間収支の黒字 - 貯蓄調整額) × 貯蓄率 (「Q11. 貯蓄・資産運用」で設定)…(A)

(3)振分先の口座が設定されていない黒字分があれば、「現金」へ貯蓄されます。



キャッシュフロー表上での表記

   貯蓄額(変動)の欄に表示されます。

 

2.各金融口座への貯蓄

   「Q11. 貯蓄・資産運用」で設定した金融口座ごとの貯蓄スケジュールにより、貯蓄されます。


キャッシュフロー表上での表記
   貯蓄額(スケジュール)の欄に表示されます。

 


月間収支が赤字の場合

   以下の順に貯蓄を崩します。

(1)予め設定した「出金順」の設定に従って、出金し赤字を補填します。

(2)その際、予め設定した各口座の「引き出し可能開始」の時期が反映されるため、まだ「引き出し可能」の時期が来ていない口座からは補填されません。

(3)それでも赤字が残る場合、赤字分をマイナスとして「現金」に計上します。