個人型確定拠出年金分析(iDeCo)分析(プロ)

個人型確定拠出年金(iDeCo)分析機能 (「プロ」プラン以上のみ)

 ここでは、iDeCoの制度を確認してから、FP-UNIVの「iDeCo分析」の設定をご説明したいと思います。
 

 iDeCoについて

 
 個人型確定拠出年金(iDeCo)は自分で蓄える年金制度で、65歳の方まで加入できます。加入者は月々の掛金を拠出(積立)します。iDeCoで使える金融商品の中から選んで自分で運用し、60歳以降70歳まで(2022年4月以降は、75歳まで)の間に手続きをして受け取ります。それ以前には引き出すことはできません。

   制度の特徴は、下記の通りです。

・受給開始年齢は通算加入者等期間によって異なります。加入期間が短いと、受給を開始できる年齢が上がります。(a)

・職業等(被保険者タイプ)によって上限金額が定められています。(b)

・掛金拠出の休止・再開はいつでも可能です。

・納付方法は、ご本人口座から引落し、または給与天引きが選べます。

・口座引落し日に残高不足の場合、その月は未納となります(追納は不可)。

・掛け金の変更は、毎年1月~12月(引落しベース)までの間に1回だけ可能です。

・通算加入者等期間は、個人型年金および企業型年金における加入者・運用指図者の期間の合算となります。


 

ライフプラン・シミュレーションでの設定(1)掛金の拠出

 それでは、FP-UNIVのシミュレーションに使う情報を設定していきましょう。

「Q11. 貯蓄・投資」の画面




 まずは、掛け金の拠出の設定です。
 

・受給開始年齢は、60~75歳までの中から選んで指定できます。(aに対応)

・掛け金をどの投資信託に何%ずつ割り振るかを指定することができます。

・加入時手数料は、通常の支出として計上します。キャッシュフロー上では「支出(その他)」に分類されます。

・積立時手数料は、拠出額からマイナスされます。そのためキャッシュフロー上では計上されません。

・非積立時手数料は、保有している投資信託の残高から、各投信の割合ずつマイナスされます。そのためキャッシュフロー上では計上されず、iDeCo資産の評価額が減ります。

・掛け金には、国民年金の被保険者タイプに応じて、上限(1号は68000円、2.3号は23000円)があります。(bに対応)

・掛け金は全額「小規模企業共済掛金控除」の対象となります。


iDeCoの詳細設定の画面


 

ライフプラン・シミュレーションでの設定(2)運用

 次に、運用について設定していきましょう。

・75歳まで可能です。

・投資信託の商品は、あらかじめ設定した「有価証券リスト」の中から選びます。運用益(単価の上昇率または分配金)は、その投資信託の設定に則ります。

・シミュレーションの自動計算には、iDeCoの手数料と非課税部分が加味されています。

・分配金は必ず再投資されます。


上図右の「投資信託選択」をクリックして、運用の設定を行う。

 


ライフプラン・シミュレーションでの設定(3)受取方法

 受取方法には、60歳以降にまとめて一括で受け取る「一時金」の方法、または分割で受け取る「年金」の方法があります。「一時金のみ」「年金のみ」「一時金+年金」の3つのパターンから選ぶことができます。FP-UNIVではその通りに選択・入力できるようになっています。
 また、iDeCoには、60歳より前に死亡した場合や重度の障害が残った場合に遺族や家族が代わりに受け取る制度がありますが、FP-UNIVでは未対応となっておりますのでご注意下さい。(2020年8月現在)


受給設定の画面

 

 

シミュレーションの実行


 設定が終わったら、シミュレーションを実行してみましょう。どのぐらいの節税効果があるか、そして掛金拠出でキャッシュフローに問題が生じないかどうかも確認します。

 iDeCoには以下のような節税効果があり、FP-UNIVではこれらは自動計算されます。

・積立金額すべて「所得控除」の対象で、所得税・住民税が節税できます。

・運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が「非課税」になります。

・受け取るとき「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象です。



シミュレーションの実行結果の画面