個人情報の取り扱い・セキュリティ対策について

基本方針

 いくらセキュリティが万全であっても、WEBシステムを利用する場合、相談者さまにとっても個人情報流失の不安があります。そこで、FP-UNIVでは基本的に個人情報を入力しないという方針を推奨しています。

セキュリティ対策

 FP-UNIVでは大きく分けて、4つのセキュリティ対策を行っております。

1. 盗聴防止
インターネット回線をデータが通る際にSSL暗号化技術を用いています。

2. 強盗対策
システムへの入り口を絞り、大切なデータベース領域に到達するために複数のドアと鍵を用意しています。

3. スパイ対策
外部委託をせず2名の情報管理責任者によって管理しています。

4. 最新のセキュリティ
システムソフトウェアを常に最新の状態に保ち、脆弱性に対応しています。


→ セキュリティ体勢について
 

個人情報の取り扱いについて

「FP-UNIV」サービスの提供及び管理のために利用させていただいています。
詳しくは、プライバシーポリシーをご確認ください。

→ プライバシーポリシー

相談者データの個人情報の取り扱いについて

 FP-UNIVでは、万全なセキュリティ対策をとっていますが、個人を特定させない目的のために、プロフィールの生年月日は月迄の入力に留めています。また、相談者登録の氏名はニックネームなどで入力することを推奨しています。
 顧客管理は他ソフトで行っていただき、自身の管理番号をFP-UNIVの管理コード欄に入力しご活用ください。

 プラン共有機能をご利用いただく場合、現在のところメールアドレスの登録が必要ですが、その他プロフィール欄などもニックネームで登録いただく事で万が一に流出した場合でも個人を特定する事はできませんのでご安心ください。なお、プラン共有機能では、ワンタイムパスワードを発行するなど最新の安全策を取り入れています。