年金分析(プロ)


「年金分析2.0」の機能説明となります。
(本機能はプロ」プラン以上限定の機能です。)
実行結果は「無料プラン」からキャッシュフロー表で確認できます。


   現在のライフプラン設定で将来の年金を試算した場合、老齢年金と遺族年金/寡婦年金がどうなるかをシミュレーションする機能です。
※遺族年金/寡婦年金を試算するにあたって、仮定する死亡年月は「Q1. 家族情報」での「万が一モードでの想定寿命」に準じます。

   以下の情報を詳細に把握することができます。

老齢年金

  1. 実際の老齢年金の試算
    「加給年金や振替加算といった家族情報に応じて加算される金額」「繰上繰下げ調整」「在職老齢調整」
    これらをすべて考慮に入れた金額を把握できます。

  2. 累計の年金額
    「受給権が発生してから想定寿命まで」の累計額を把握できます。
     想定寿命は「Q1.家族設定」で設定することができます。

  3. 受給権の変遷
    初めて受給権が発生する時点から以後、年金額がどのように変遷していくかを確認できます。
    ・加給年金の加算の行われる期間や、対象となる子供の人数など、個々の状況に応じた金額の変遷を確認できます。
    ・在職老齢調整が適用される期間、支給停止額など、世代によって制度が異なる場合も詳細を把握することができます。
     

「万が一」の遺族年金/寡婦年金

  1. 算定に用いられる年金加入状況
    亡くなった年月時点での「加入月数」を把握できます。

  2. 受給権の変遷
    初めて受給権が発生してから以後、年金額がどのように変遷していくかを確認できます。
    ・遺族基礎年金の「子の加算」が行われる期間や、対象となる「子の人数」など、個々の状況に応じた金額の変遷を確認できます。
    ・中高齢寡婦加算が発生する金額を把握できます。

  3. 受給権者
    誰が遺族年金や寡婦年金を受け取ることができるか、確認できます。

  4. 遺族年金と寡婦年金の比較
    遺族年金と寡婦年金は選択制ですが、どちらも要件を満たしている場合は両方計算されます。
    また、金額の少ない方がグレーで表示されるため、どちらを選択すべきかがわかるようになっています。


年金分析ボタンは「Q2.年金」タブの設定内左下にあります。

結果画面






ご利用例

・繰上げと繰下げの設定を変更し、最適な受給方法を探る。
・「Q2. 収入」や勤続年数を変更し、働き方による年金額の変化をシミュレーションする。
・想定寿命を変更し、受給額をシミュレーションする。


番外:キャッシュフロー表からの、年金受給額確認方法

   「無料プラン」の方は「年金分析2.0」の実行結果画面はご覧いただけませんが、シミュレーション実行をすることでキャッシュフロー表から「受給額の明細」を見ることができます。
家計あるいは各個人の収入欄を展開し「年金」欄をご確認ください。




○ 年金の入力方法については、こちらをご覧ください。
○ 年金の自動計算の仕様詳細については、こちらをご覧ください